うろこ肌の原因

うろこ肌の原因

女性に多い肌の悩みでうろこ肌というのがあります。うろこ肌とは「皮膚が乾燥して粉吹きをおこしたりめくれあがった状態」を指し、悪化すると皮がポロポロと落ちて魚の鱗のような肌になってしまいます。老人性乾皮症やうろこ状乾燥肌(尋常性魚鱗癬)などとも呼ばれます。

 

なぜ、うろこ肌になってしまうのか?

 

うろこ肌の原因

 

症状が軽いうちは「サメ肌」で通りますが、症状がひどくなると上記のような完全なる皮膚疾患となるうろこ肌。原因は、皮膚の新陳代謝がうまくいかない事です。新陳代謝がうまくいかないと、古い角質が剥がれないでそのまま表面に残ってしまいます。皮膚のターンオーバーが狂ってしまい、古い角質のせいで皮膚が乾燥してしまう。うろこ肌は、遺伝の影響も強いそうですよ。あと、乾燥ですね!

 

うろこ肌は、乳幼児や高齢者に多い皮膚疾患とされていましたが、今では年代問わずです。季節的には乾燥しやすい秋冬に発生する確率が高くなります。

 

タオル

 

うろこ肌の症状は、顔よりも足や腕に出やすいです。出やすいというか、ほとんどがそうです。顔の場合、洗顔後のスキンケアをしっかりするが、身体の場合は、洗った後、何もケアをしていない人が多いと聞きます。顔と同様に身体にもしっかりと保湿をしてあげる事が重要です。


 
カサカサ肌対策 乾燥肌対策 アトピー肌対策 うろこ肌対策 トラブル肌の基礎化粧品